FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

何気なく歌を歌っているとき、私たちの声はまとまりがなく四方八方に散らばって、それが腹式呼吸で歌われているものでなければ尚更コアのない声になっていることが多いものです。
どうせ歌うのなら、声をしっかりと集めて響きのよい、遠くまで届く核のあるしっかりした声で歌いたいものです。
そのような声を発声するためのアプローチのしかたはたくさんあります。
身体の筋肉を使ってしっかり声を出すことはもちろんですが、鼻腔共鳴を利用し口を共鳴の道具として発声することもひとつの方法です。
口の中を大きく保つことによって共鳴を大きくし、さらに鼻腔共鳴音を取り入れることにより響きのよい美しい声にすることができます。
響きのよい声は遠くまで届きやすいのです。
鼻の奥を意識し顔の中心辺りに声を集めます。
さらに口から流れ出る息を、上唇の中心を開きそこから流すようなイメージで声を出すと、口の周りの力が抜けきれなくて音程が下がり気味の人も正しい音程をキープできるようになります。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する