FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

発声練習 基礎-4

発声練習 基礎-4(mp3音源 3.5MB)
※右クリック、長押し等で保存してください。

いよいよ体の筋肉を使って発声することを体得しましょう。
主にお腹周りの筋肉を使うことが多いと思いますが、お尻の筋肉や背中の筋肉など、いろいろな筋肉を自在に使えるようになったら間違いなく歌唱呂樹がアップします。
初は自分で使いやすい筋肉をみつけることにしましょう。
初心者の方はお腹の筋肉を使えるようにすることから始めましょう。
お腹の筋肉を使えるようにするだけでも十分な効果を得られます。
まず息を少しずつ吐きながらお腹をだんだんと膨らましてみましょう。
我慢できなくなるまで膨らまし、限界になったらお腹の力を抜いてください。
するとお腹がまた膨れてきます。
これをお腹に息が入ってきたと表現する向きもあるようですが、もちろんお腹に息は入ってきません。
息は肺にしか入って来ませんが、肺が息で大きく膨らむと内蔵を押し下げるので」お腹がふくらんだように見えるのです。
今度は短く息を吐きながらウッウッウッウッとお腹を膨らましてみましょう。
そのあとで息を長く吐きながらウーとお腹の力を抜かないで発声してみてください。
発声音源-4往復というのに合わせて練習してみてください。
ウーと長くお腹を膨らまして息を吐いた後は、できれば口や鼻から息を吸わないようにしましょう。
慣れるまでは息が苦しいかもしれませんが、なるべく息をすわないようにするのがコツです。
息をたくさん吐けば、その分を補おうとしてが息を取り込んでくれますから、無理に息を吸い込もうとしない方がいいのです。
しかし、慣れるまでは苦しいはずですから、何が何でも息を吸わないと思いこむのも危険です。
テキトーにやっているうちにだんだんとコツを掴んでいくかもしれません。

福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する