FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

ボーカルスクールなどの指導を受けていて、「喉をあける」というトレーニングを実際に受けている方もいることでしょう。
「喉をあける」ということはボイストレーニングでは基本のキといってもいいでしょう。
生まれつき喉があいている人以外は、ほとんどの人がはじめに受けるトレーニングでしょう。
このレッスンを受けるとどの音域も声が出しやすくなり、特に高音域の開発には欠かせないものです。
ザラザラした雑音の入る声もだんだんと透明感のある声に変わっていきます。
ところが、なかなか喉があかない人、または喉があいてきたように思えても、すぐにもとの状態に戻ってしまう人がいます。
日頃の喉の使い方(喉を力で押して声を出そうとする)が一番の原因だと思いますが、それと同じぐらい多いのが「胸が開きにくい」ということです。
そもそも、なぜ喉がしまってしまったかというと、生まれつきの場合もありますが、いつも息が足りない状態でうたっているからだと私は考えています。
息が足りなくなると、喉は緊張し力が入るので、どうしても喉を力で押して声を出すようになってしまいます。
その結果、当然のことながら喉はしまってしまいます。
喉をキチンとあけるようにしたかったらまず、胸を開き、息が入りやすくするトレーニングをし、呼吸法を改善することが大切です。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する