FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高い声がもっと楽に出せたら!と思っている方は多いと思います。
高い声がうまく出せない原因はいろいろありますが、やはり喉があいてないということが原因になっていることが多いと思います。喉が開く、喉がつまる、という言葉に馴染みがない方も多いかと思います。
喉が開いているということは、声帯と喉をつなげるパイプが息を通しやすくなっている状態をいいます。
それに対し、喉が開いていない、またはつまっている状態というのは、喉や声帯に力を入れて発声することが多かったため、声帯が緊張し固くなっている状態です。
そのため息が吐きにくくなっています。
その状態で声を出そうとすると喉に力がさらに入ります。
喉に力を入れて発声する人は、力で押すときに大量の息を失ってしまいます。
歌っているときに息がすぐになくなってしまうのです。
息がなくなると声帯はまた緊張します。
この悪循環を長いあいだ繰り返してきたのが、いわゆる喉詰め声といわれる方々です。
喉詰め声の方は高い声が出ません。
高音を出すには声帯がピンと伸びていなくてはなりませんが、喉詰め声の方は声帯がいびつになっていることが多く、ピンと伸ばす訓練をしなければなりません。
それにはしばらくの間、裏声を出す訓練を続けると良いでしょう。
でも、それだけで高い声を出せるようにはなりません。
息の無駄遣いをしなくなるような呼吸法と発声法を身につけなければ、すぐにもとに戻ってしまいます。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。