FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

ボイトレ初心者の方の初めてのレッスンの場合、力を抜くように指導することが多いと思います。
ほとんどの方が緊張のためか、身体中のいたるところ、声帯や顔にまで力が入っていて、ボイストレーニングをしたり、歌をうたうにはあまりにも力が入りすぎていて、いい結果が得られにくいからです。
落ち着きリラックスし、身体や筋肉が柔軟になっている方が、効果が上がりやすいのです。
ところが人によってはなかなか力がぬけないために、身体がグラグラと動き、声が固くなってしまい、呼吸法も身につくにくい場合があります。
そのような場合は脱力に少々時間を要します。
それはど力が入っていない場合でも、多少は脱力することの大切さを指導します。
しかし、それほど力も入らなくなり、自然体でうたえるようになってきたら、ある程度の力も必要だということをわかってもらうような段階になってきます。
必要な力とは、呼吸法のために要る腹部周辺や腰、肩甲骨辺りの筋肉にかける力、胸を開くための力、喉をあけるための力等、いろいろな力を少ない労力で効率よく使うことを覚えます。
声帯ひとつをとっても、声唇に多少の力が入ってぷっくりとふくらんでいないと、張りのあるいい声が出ません。
力の微妙な+、ー、により豊かな声は育まれているのです。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する