FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

息を吸うこと(入れること)は確かに大切です。
でも、キチンと息が吐けてないと、十分な量の息入れはできないということを知っていますか?
胸式呼吸では、誰でもうたう前には息を吸って、途中のブレスでも鼻や口から息を吸っています。
そのときは、肩が上がり息を吸うためのノイズが入ることでしょう。
そのような状態での息入れでは、肺の浅い部分にしか息は入ってきませんから、すぐに息がなくなってしまいます。
息がなくなってしまうとうたっていて苦しいばかりではなく、顔、舌、あご、声帯などに力が入ってしまいます。
その力は音程を狂わせたり、息を吐きにくくしたり、いろいろな悪影響を及ぼします。
特に息が吐きにくくなると、次の息入れがとても難しくなります。
息は吐いた分入ってきます。
ということは息が十分に吐けなければ、十分な息入れはできないということになります。

福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する