FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

ミックスボイスが出せるようになりたいと思っている人は多いと思います。
憧れの音域ですが、なかなか難しい音域でもあります。
なぜ難しいかというと、その音域には喚声点、つまり地声と裏声の変わり目が含まれていて、そこをうまく乗り越えられない場合が多いからでしょう。
低い方の音域をチェストボイス、高い音域をヘッドボイス、中間の音域をミックスボイス、またはミドルボイスと大きくみっつに分ける分類の仕方によると、ミックスボイスは地声と裏声の中間辺りになります。
張りのある魅力的な声が出るところですが、喚声点が含まれているので、その辺りでコロっと裏声にひっくり返ってしまうことがあります。
そこが悩みのタネなのです。
裏声になってしまうと急に弱々しい声になってしまい、疲れたおばあさんのような声になってしまい、張りのある声ではなくなってしまうからです。(裏声も訓練して声帯を閉じたしっかりした声にしなければなりませんが)
弱々しい女性的な声になってしまうので、特に男性はいやがるようです。
また人によっては喚声点辺りで急に音がとれなくなってしまう人もいます。
ミックスボイスを作るということは、地声とかわらないような声質でっ高音を出したいということだと思います。
ミックスボイスを作るといいましたが、ほとんどの人がチェストボイスとヘッドボイスのみで、ミックスボイスを持っていないので、作っていかなければならないのです。
まず、声帯の細かい筋肉の筋トレをして、どの音域でも出せるようにしなくてはなりません。
そのあと、喉をしっかり開け、共鳴腔を使えるようにしなければなりません。
声帯をあける、閉じるもできるようにしなければなりません。
結構地味な努力がいるところです。
日頃の訓練の積み重ねが大切で、あっと言う間にできるようになるわけではありません。

福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する