FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

前回は肺にたくさんの息を取り込めるようにして、肺そのもののキャパシティーを増やし、身体の内部から胸を開いていくことを書きました、今回は骨や筋肉を使って、比較的外の方から胸を開くことを書いてみたいと思います。

歌う前にストレッチとともに胸を開く運動をするといいと思います。
歌っているときに、各フレーズの最後になると、声がユラユラしてしまうことがあると思います。
また、息が足りなくなって力が入り過ぎてしまうこともあると思います。
このような現象はは胸が開いてない人によくみられます。
肋骨や肩甲骨、胸郭筋、背筋などを動かしやすくしておきましょう。
骨は伸び縮みしませんが、それをつないでいる軟骨が動かしやすくしてくれます。

左右の腕の手首や肘をぴったりとくっつけてから、その姿勢のまま両腕を左右に開く練習をします。
そのときは左右の肩甲骨をくっつけるようにします。
胸の筋肉が硬い人などは開きにくいと思います。
いつもそのような練習をしていると、胸が開きやすくなりますから、息入れが楽になります。
そうすれば、フレーズの最後までしっかりと歌いやすくなります。
各フレーズのさいごになると、決まって音がズレてしまう人なども、胸を開く練習とお腹で支える練習をすると、大抵きれいに終われるようになると思います。

この辺のところはもっと詳しくいろいろ書きたいところですが、難しくなってしまうので、この辺で終わりにしておきます。

福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する