FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

腹式呼吸を指導する立場の私ですが、「腹式呼吸ってなんなんだ~」と思うことがあります。
まず、『腹式呼吸』というネーミングは実態と合っているのでしょうか?
『腹式呼吸』という言い方をするっていうことはお腹で呼吸すること?
いいえ、呼吸はあくまでも肺でするものですよね。
では、お腹の筋肉の助けを借りて肺に息を送ったり吐いたりすること?
これは、実態にかなり近づいた考え方だと思います。
しかし、歌のレッスンも進んで来ると、身体の前面の筋肉よりも後ろ側の筋肉を使って声出しをする方がずっと、芯のある豊かな声になるということがわかります。
そして、その頃には息の出し入れはほとんど意識しなくなってきます。
その頃には身体全体の筋肉、中でも背面の筋肉を使うことが多くなっています。
それを称して『背中で歌う』というような言い方をすることもあります。
その歌い方は息のことはそれほど意識しなくても、『胸式呼吸』のように肩が上下して、浅い息で歌うようなことはありません。
そしてその頃には、歌っているときにお腹もあまりふくらんだり、へこんだりしなくなってきます。
その呼吸法はすでに『腹式呼吸』とは言えないのではないか、『背式呼吸』とでもいうのだろうかと考えてしまいます。
また、『腹式呼吸』という言葉はやめて『筋肉呼吸』などという新しいネーミングがそろそろ考えられてもいいころでは?と思ったりもします。
福和


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する