FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

声量豊かな歌は誰でも憧れるところでしょう。
いくら大きな声が出ていても、その声が喉を狭めた状態で、喉を力で押して出しているいるようではいけません。
そのような歌い方を繰り返していると声帯は不健全な状態になってしまいます。
喉を力で押さないように入して、息で押すようにいしてください。
声帯の閉じ方がわからないうちは、息漏れ声になってしまうかもしれませんが、閉じ方をマスターすれば、すぐに声量はでてきます。
また、たとえ声量はそれほどなくても、喉をあけて腹式呼吸の支えが入っている声であれば、いずれ放っておいても声量はでてきます。
お腹に(実際は肺に)入ってくる息が少ないうちは、むしろ、声量をいくぶん落とした方がいいでしょう。
うたっているうちに、息が足りなくなってくると、顎や舌に力が入ってくるからです。
力が入って来ると、音をはずしやすくなります。
さらに息の通り道を確保するためにも喉をあける努力をしましょう。
やがて、息をたくさん入れられるようになり、声帯の閉じ方もわかってきたら、盛大に声を出してみましょう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する