FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

一口『喉をあける』と言っても、それはそんなに簡単ではありません。
声に関するトラブルを抱えている人たちのほとんどは、喉をあけることによって、そのトラブルの多くの部分が解決することが多く、自分が音痴だと思っている人の中にも、喉あけが進むに連れて音がしっかりとれるようになる人もいます。
、喉をあけることは、ボイストレーニングの基本のキと言えるでしょう。


喉をあけるためのトレーニングとしてに一般的には、喉の前に大きなスペースを確保するような意識で発声するように、例えばゆで卵を口の奥の方に入れているように、大きな飴玉を喉の前に置いいるような意識で口をあけるように、というな指導法が多いと思います。
その際に軟口蓋を上げて、舌が落ち込まないように気をつけてという注意とともに指導されることが多いとようです。
それはそれで効果的な方法ではあります。
だんだん喉があいてくると、声にビリビリした雑音がきこえる人も透明感のある声になり、高い声も出しやすくなってくるでしょう。
しかし、これらの人たちの声帯は比較的素直な声帯だと言えます。
それまであまり声帯を酷使するような歌い方をしてこなかった人たちだと思います。
喉あけがもっとも難しいのは、それまで喉に力を入れて喉声でがなるようにして歌ってきた人と、生まれつきも喉が極端につまっていて息吐きができにくくなっている人たちです。
そのような人たちに喉の前のスペースを大きく保つよう指導しても、少しは効果がありますが、ほとんど変わらないはすです。
腹式呼吸を指導しながら、①上喉をあける、②下喉をあける、③奥喉をあける をていねいに徹底的に指導します。
それまでいびつだった声帯の筋肉を、偏りのない筋肉にする筋トレを、簡単にやってもらうだけでも、ジワジワと効果が顕われ、次第しだいに声がでやすくなり、いい声になっていきます。
                                                             福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する