FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

腹式呼吸の練習を長い時間をかけて熱心にやっているのに、少しもお腹の支えがあるしっかりした声にならない場合があります。
腹式呼吸の要領はとてもよくできているのですが、声帯とお腹を繋げることができない場合です。
腹筋や腹斜筋のようなお腹周りの筋トレをする要領で声をだしてみると、とても効果的です。
例えば、一般的に『腹筋』と言われている寝た姿勢で首を上げていく筋トレの途中の姿勢で止めたまま声を出していくと、お腹と声帯が繋がった発声を体感することができるでしょう。
腹式呼吸のトレーニングをするばかりでなく、お腹の筋肉と繋げる方法を知らなくては、真から腹式呼吸をマスターしたとはいえません。
腹式呼吸の練習は長い間やっているのに、声量のある豊かな声にならないと思っている人は、ここに原因があるのです。
また音域によって首の周辺の筋肉等も正しい方向に使われなくてはなりません。

なお、音痴治療の場合も、最終的には声帯とお腹の筋肉を繋げなければなりません。
お腹から出る声に変えただけで、音痴が治る場合もあります。

福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する