FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

吐く息のことを呼気といいますが、呼気の量によってボイストレーニングの進展状況を判断することもできます。
しっかりした声が出せるようになるためには、声帯の閉鎖と伸展というふたつのことができなくてはなりませんが、声帯が閉鎖した状態で発声しているときは、息はほとんど出ていません。
もちろん息が出なければ声は出ませんから、まったく出ていないわけではありませんが、声帯が開き過ぎていると息が多い息漏れの発声で、芯のないスカスカした声になってしまいます。
声帯が閉じているときには、しっかりした張りのある声がでてきますが、そのときには息はほとんど口から出てこないのです。
ただし、息漏れのファルセットを出せるようにすると、声帯や喉頭が健康な状態になりますから、息漏れ状態で支えのないファルセットをしっかり練習して声帯や喉頭の筋肉を鍛えたあとで、声帯を閉じた発声を練習しないと、声帯を傷めることになりやすいいので気をつけましょう。
by 福和
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する