FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

ファルセットは『いつわりの、嘘の』という意味の言葉で、この言葉から想像されるようにまったく役に立たない声の出し方と思っている人が多いのですが、ファルセットは次につなげるための大切な発声法と思っている指導者もいます。
確かに息漏れ状態でスカスカした声、張りのない細い声の場合が多いのも事実です。特に男性にとってはひっくり返ったような声で我慢ならないかもしれません。
しかし、ファルセットでもしっかりとした張りのある声で出すこともできるのです。
同じファルセットでも、息漏れのスカスカした声になってしまうか、張りのあるしっかりした声になるかどうかは、『支え』の有無で決まります。この場合の『支え』とは腹式呼吸によるお腹の支えと、筋肉による『支え』です。
『支え』のあるファルセットであろうとなかろうと、この音域では声帯はピンと伸びています。声帯を伸展させるために常に働いているのが輪状甲状筋です。輪状甲状筋は声帯の引き伸ばし専門筋ですが、この輪状甲状筋こそうたうための筋肉です。この筋肉はピッチをよくするのを助け、声をよくすることでも知られています。
そしてこの筋肉はか細い裏声『支えのないファルセット」で鍛えられます。
また『支えのあるファルセット』を作り出すことによって、人が失ってしまった発声器官が呼び覚まされるようになるのです。その結果、音域はグッとひろがってきます。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する