FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

骨盤が正しい位置にないと
   ・骨盤が内臓を支えられない
   ・内臓を支えられないから横隔膜がうまく下がらない
   ・横隔膜が下がらないから肺に息をたくさん取り込めない
という悪循環になってしまいがちです。
骨盤の歪みが軽度のものならストレッチや筋トレを続けていけば治ります。

骨盤周辺の筋肉の鍛え方

骨盤周辺の筋肉を鍛えて骨盤をしっかり支えられるようにする筋トレを紹介します。

・骨盤の左→おへそ→骨盤の右→背骨→骨盤の左、というふうにお腹の筋肉を移動させていきます。骨盤を回転するのではなくて、お腹の筋肉を回転させるようにしてください。
                   
骨盤内の筋肉を時計回りに回転させます。フラフープを回す要領にも似ています。ワンセット40回、グルグル回してみましょう。慣れないうちは骨盤そのものを回転しがちですが、お腹の筋肉を回すようにしてください。
この筋トレは骨盤周辺の筋肉と太ももの筋肉を鍛えますから、骨盤をしっかり支えてくれるようになります。

便秘解消にも大いに役立ちます。
フラダンスやタヒチアンダンスによく登場する腰の高速回転にも同じ効果があります。
ただし、骨盤の歪みが重度の場合は専門家に任せた方がいいでしょう。

もうひとつ紹介します。
「お尻上げ」という筋トレです。

ベッドの上に膝を立ててあおむけに寝ます。
腰から背中を持ち上げるようにします。慣れないうちはワンセット20回程度から始めましょう。
だんだんと回数を増やすようにして、30回程度は軽くできるようになったら、片脚ずつやっていくようにします。
右脚の上に左脚を組むように乗せます。右脚だけで支えながら「お尻上げ」です。組んだ右脚と左脚の間にまくらなどをはさんで、そのまくらがずり落ちないようにしっかり挟むようにすると、さらに効果的です。
次には、右脚と左脚を組みかえて同じように「お尻上げ」をします。
スピードを落としてゆっくりやると、もっと効果が出てきます。

産後骨盤がズレてしまった人にも効果があります。
ぜひ試してみてください。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する