FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

よく「鼻から吸って口から吐く」のがよい呼吸法だと指導しているところがありますが、これはまったくまちがった呼吸法です。
正しい呼吸法とは息を吸うという感覚を持たないようにして行うものです。
ソニア式呼吸法では、まず呼気(息を吐くこと)から始めます。
呼気が正確に適量の息で行われると、技巧的なことはしなくても、横隔膜は自然に吸気を呼び込みます。
わざと肺にたくさん息を入れようとすると、肺は強く膨張し、息は流れ出てしまうことが多いのです。
その結果息はかえって浅くなります。
無意識に自然にっ入ってくる息は肺のすみずみまで入るばかりではなく、いつ息継ぎをしたかもわからないのです。
これは聴く人のみならず、歌っている人にとってもどこで息継ぎをしたかわからないことが多いのです。

声帯は呼気がまったくなくても振動します
呼気によって声帯を振動させようとするときも、ほんの少しの息で構わないのです。
たくさん息を吸いこんでうたわなければいけないという考えをまず捨てましょう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する