FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

喉をあけ声帯を閉じる、これはボイストレーニングの基本です。
前回でも書きましたが、喉をあけるには口を縦に大きくあけ、軟口蓋を上に上げのどぼとけは下に下げ、口の奥に十分な空洞を作らなくてはいけません。
この状態を上下に吊り合うバランスがとれている状態といいます。
一方、声がどのように作られるかということについて少し説明します。
声帯とあいている喉との関係を理解してください。
声帯はのどぼとけの中にあり、細長い2本の筋肉(正確に言えば二本の筋肉群を靭帯が覆っているもの)が閉じて、そのほとんど閉じている声帯の間を息が通過することによって振動を作り、その振動によって音を作り出します。
その音が口の中の空洞により響きのよい音に拡声され、口や舌や顎によって言葉として発声されるのです。
その時に声帯が閉じていないと(完全に閉じているわけではありません)息漏れの発声になりしっかりとした声は出せません。
声帯を閉じ、喉をあけて息漏れのない発声することが声づくりの基礎で、これができないとふくらみのある豊かな声はつくれません。
憧れのハイトーン、ミックスボイス、ビブラートもできません。
ここをしっかり練習しましょう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する