FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

声楽を多少かじった経験のある人なら、喉があいている、しまっているという言葉を聞いたことがあると思います。
喉があかないまま喉に力を入れて歌おうとすると、ダミ声かキンキンした耳障りな声で聴く人を不快にさせたりもします。
また、歌っている本人も喉がヒリヒリしたりしている状態です。
このまま歌い続ければ、喉にとってもダメージは大きく、ひどくなると声帯にポリープを作ったりします。
このような状態にならない前に、喉をあけるというトレーニングをしなければなりません。
一口に喉をあけるといっても、その人によって喉の状態や声帯の状態、体の力の入り具合等が異なるので、一律に同じとはいきません。
今回は一般的な、高い音を出すような喉あけの仕方を紹介しましょう。・

まず、上顎を上に上げるようにしましょう。
日本語は下顎を使って話す傾向が強いので、上顎を上げることにあまり慣れていませんが、上顎をあげ、軟口蓋も自然にあ軟口蓋もがった状態のまま、顔の筋肉をすべて上向きに上げていきます。
口角、眉毛、ほほ、すべてを上に上げるようにして、お尻の穴に力を入れて息を上に向けて吐きます。

同時に喉頭(のどぼとけ)は下に押し下げます。
上顎を上(軟口蓋)を上に、喉頭を下に、という上下の吊り合いがうまくとれるようになることが、すべての基本となります。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する