FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

息が吐けなければ声は出ない、これが、ソニア式ボイストレーニングの基本的な考え方です。
その息は腹式呼吸でお腹から出ていることが理想的ですが、たとえ腹式呼吸ができていなくても、息が出る通り道がきちんとできているかどうかは大切なことだと考えています。
息を吸うことにばかり一生懸命になりがちですが、吸うことより吐くことの方がずっと大切なのです。

歌をうたっているのだから、誰でも息は吐いているのですが、必要とされている息が声帯に十分供給されているかどうかが問題です。
十分な息が供給されていないと、自然とあごや喉、舌根などに力が入ります。無意識のうちに足りない分を力で補おうとするからです。

発声を学び始めの初期段階では、とにかく気道をしっかり確保し、息が吐けるようにしましょう。腹式呼吸が身につき息の出し入れが自由になるようになったら、息は自然と細い息、しかし力強い息に変わってきます。
そうなるには、腹筋等の身体の筋肉の使い方を反復練習して身体に覚え込ませることが必要です。

息をお腹から吐けるようにし、気道を太く確保すること、これが声作りの基本です。


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する