FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

前回、うたうと喉がいたくなるというテーマでお話しましたが、声量がでない、高い声がでない、喉がいたくなるという現象は、いずれも喉だけでうたおうとしているときに陥りやすい現象です。
では、どうしたらいいかというと、お腹周りの筋肉を意識して発声できるようにすればいいのです。
ただし、いきなり筋肉発声と言われても、すぐには対応できる方ばかりでではありません。
極端に喉声の方は、喉をあけ、裏声の筋肉が使えるようにしましょう。
裏声をだす筋肉は大切な筋肉です。
裏声が出せるようになったということは、首の支えができるようになったということです。
裏声発声がある程度できるようにならないと、高い声は出るようになりません。
やがてその裏声を地声に変えていくようなレッスンを受ければ、どんな声も出せるようになります。

福和