FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

少し歌を習ったことのある方だったら、「支え」という言葉をきいたことがあるかもしれません。
うたっているとき、その声を身体のどこかの筋肉で支えているというようなことなのでしょうか。
しかし、この支えという言葉は実に奥が深くて、支えを理解できるようになったら、歌唱力はぐんと上がっていることでしょう。
支えをもっとわかりやすく言えば、身体のどこかの筋肉を使って、音がゆらゆら揺れないようにしたり、無駄な息を出さないようにして息が長持ちしたりするようにしたり、コアのある豊かな声をだせるようにしたり、支えなしではうまくうたうことはできません。
お腹まわりの筋肉や腰裏の筋肉が使いやすいのですが、その方によって使いやすい筋肉は違うので、それを探すのも大変です。
はじめのうちはいろいろな筋肉を動かすこをやってみましょう。
自分で動きのわかる筋肉を見つけ、その筋肉を膨らますように力を入れてうたってみましょう。
訓練を重ねていくうちに、自在に筋肉操れるよになってきます。
そして身体を開いていけるようになったら申し分ありません。
なお、支えになるのはお腹まわりの筋肉だけではありません。
お尻の筋肉、背中の筋肉、顔の筋肉、どの筋肉も支えになるのです。