FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

声帯はのどぼとけの中に格納されていると言ってもよいと思います。
声唇と呼ばれれうふたつの唇のような筋肉からできていて、声を出すときにはその筋肉はほぼ閉じられていて振動しています。
息がその振動している筋肉の間を通過するときに声帯が閉じられていると、声量のある豊かな声のもとができます。
声のもとといったのは、この時点ではまだ声にはなっていないからです。
声帯を通過したばかりでは、まだ、声帯原音と呼ばれるブツブツした音にしかすぎないのです。
やがて首や頭などにあるたくさんの空洞を通過しながら響きを獲得して声になっていくのです。
首や頭にある空洞が理想的な形のものであっても、声帯が開いたまま通過した音は息が多く出すぎてしまうため、息漏れとなりしっかりした声にはなりにくいのです。
息漏れのまま歌っていると、声量が出にくいばかりではなく、音程も悪くなります。
息漏れのままうたっていればすぐに息がなくなります。
息が足りなくなると喉に力が入り、音が下がりやすくなってしまいます。
息漏れを治す方法は声帯を閉じるばかりではありません。
お腹周りの筋肉を使って発声することも息漏れ防止には大切なことです。
何やら難しいはなしをしましたが、ソニアのボイトレはプロのボーカリストが受けるような程度の高いものを、わかりやすく指導していますから、ただカラオケが上手になりたいという方でも安心してお受けいただけます。、