FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

ご自分の声をよく聴いていますか?
例えばうたっているときは、無意識のうちに伴奏をよく聴き、聴いた音に自分の声を合わせています。
伴奏の音であれ、自分の声であれ、多くの方がその程度には、よく聴いているものです。
優秀なボイストレーナーは少し声を聴いただけで、その方の声帯の状態や、体の状態、力の入り具合等の多くの情報をキャッチします。
そして、問題を解決するための方法を、すぐさま導き出します。
もちろん、誰もがそんなことできるわけではありません。
それができるようになるには長い経験が必要です。
でも、初心者の方にも、ご自分の声をよく聽くことをおすすめします。
声が硬く余裕がない感じがするときは、力の入りすぎが疑われます。
肩や首に力が入りすぎているかもしれません。
力が這入りすぎているといい歌はうたえません。
指先を鎖骨にあて、腕や肩を前後に回してみましょう。
そのようにして肩の凝りをほぐし、肩を下げて胸の方にすぼめるように発声すると脱力できます。
これがうたうときの正しい姿勢というわけではありませんが、脱力したいときには効果的です。
音がとりにくい、または音が外れると思っている方におすすめするのは、カラオケやCD音源などの伴奏
のスピードを遅くして、その音源と自分の歌っている音が合っているかを確認しながらうたってみます。
慣れないうちは、あっているかどうか判断できないかもしれませんが、何度もやっているうちにだんだんと判断できるようになります。
音がとりにくい場合は、なぜとれにくいか、その理由が必ずあります。
音痴で音がとれない人というのはめったにいません。
顎に力が入りすぎている、声帯の中の筋肉のうちのいくつかがうまく機能していないなどの理由がほとんどです。
耳で聴いた通りの正しい音を出そうとしているうちに、正しい筋肉が機能し始めます。
やがて声帯内のすべての筋肉がめざめ機能し始めることでしょう。
そうなればしめたものです。

福和