FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

呼吸法には腹式呼吸と胸式呼吸がありますが、呼吸法というからには、腹筋のような筋肉を利用して横隔膜を上がらないに支え、肺に息をたくさん入れることや筋肉の支えのあるしっかりした声をだすことを目的としています。
一般的には胸式呼吸より腹式呼吸の方が肺にたくさん入れることができると言われています。
胸式呼吸では肺の浅い部分にしか息を入れることができないのに対し、腹式呼吸ではより多くの息を肺に取り入れることができます。
胸式呼吸では胸の当たりに力が入りすぎて歌っていて苦しくなってしまい、苦労の多い歌い方になってしまうということがよくあります。
また、筋肉の支えが入ると声量も出てきますし、喉がしまりにくくなり、柔らかいけれど芯のある豊かな声が出るようになります。
喉がしまると、息が吐きにくくなり、特に高音がでにくくなりますし、音をはずし易くなってきます。
腹式呼吸でうたえば、喉にも力が入りにくくなり、楽にうたっているのに声量が出ているという理想的な歌い方になってきます。
しかし、腹式呼吸が万能でるとも言い切れません。
その人の体つきや、歌の中でのさまざまなシーンの中では腹式呼吸以外の呼吸法でうたうこともあります。
上手に使い分けられるといいですね。