FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

大きい書店に行くと、ボイトレ関係の本がたくさん並んでいます。
1週間で歌がうまくなるとか、すぐにもプロ歌手になれそうな書き方をしている本はいつになってもなくならないようです。
その種の本はさておき、いくつになっても勉強!と思い、私は主だった本には一応目を通しています。
まれに豊かな経験と研究に基づいた内容のあるもに出会うこともあります。
そのような本に出会うと単に自分自身のスキルアップと思って喜ぶ以前に、その熱意と深い洞察力に感心し、大いに啓発されます。
多くのボイトレ本は、そのように読み手に良い効果を与えるために出版されていると思います。
読者の方もそれを期待して読むのですが、全くの素人である読者の方は、その指導法を自分なりに真面目に一生懸命やっていくうちに、どんどん違った方向へ行ってしまうことが、あるようです。
間違ったことをやっていても、そばで注意してくれる人がいないので、軌道修正できません。
まず、多くの人が陥りやすいのがどんどん力が入ってしまうことです。
身体に力が入ってしまうと、呼吸法がむずかしくなり、喉にも力がは入り、喉詰め声になりやすいのです。
呼吸法をマスターしないまま、声量を出そうとするので、余計に喉に負担をかけてしまいます。
声が出にくくなってから、どうにかしてください、と訪れる人は少なくありません。
本ばかりでなく、youtubeなどにアップしているボイトレなども、一方的に情報ややり方を送っているだけで、個人一人ひとりの反応を確認しているわけではありません。
良い耳と目を持った指導者が最心の注意を払って指導しても、なかなか力がとれなくて苦労する人は多いものです。

だからといって、スクールに行けばよいかというと、スクール選びも大事です。
しっかりした技術を持った指導者を選んでください。