FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

うたうためには息は欠かせないものです。
息が声帯を通らないと声を発するることはできません。
声門を通り抜けただけではまだ声にはなっていません。
やがて気道を抜け、あちらこちらの共鳴腔を通り抜けるときに響きを獲得しながら声になるのですが・・・。
この息というものは実にやっかいなものなのです。
多すぎても少なすぎてもうまくいきません。
吐く息が多すぎると、すぐ息がなくなってしまい、苦しい歌い方になってしまうということは誰でもわかることだと思います。
そればかりではなく息の量が多すぎて無駄な息が出ると、息漏れになりやすく支えのない弱い音になってしまいます。
その上、息が足りない状態だと声帯が緊張し強い声になったり、声が波打ったり、音がはずれたりしがちです。
フレーズの終わりの方になってくると音がはずれる傾向にある人は息について注意してみましょう。
と言われるとすぐに、息をたくさん吸えばいいと考えることでしょう。
しかし、そうではありません。
息をたくさん吸おうとすると、胸に力が入りすぎ、余裕のない歌になってしまいます。
胸式呼吸で息を吸おうとしても、肺の浅い部分にしか息を取り入れられず、それほどたくさんの息が入ってくるわけではありません。
腹式呼吸を身につけるといいと思います。
腹式呼吸では、横隔膜のコントロールにより、吐く息は少なく、入る息は肺のより深いところまで入れることができます。
息がいつも足りている状態だと声帯はリラックスし、柔らかい声が出てくるようになります。
柔らかいけど芯のある豊かな声です。
続きを読む