FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

歌がすきな人なら誰しも、豊かな声で熱唱したいと思っていることでしょう。
しkし、この豊かな声を間違いのない方法で出すということは結構難しいのです。
マイク片手に気持ちよさそに熱唱しているようでも、聴いている人達にとってはガナリ声を聞かされていいるようで我慢がならない場合もあることでしょう。
同じように熱唱していても、惚れ惚れすろな美声でうっとりさせるような歌声もあります。
同じ熱唱でも、耳を塞ぎたくなるような蛮声との違いはどこから生じるのでしょうか?
うっとりするような美声は開いた喉からお腹の支えがある息が十分に送られているときに発声されます。
喉が詰まっていて息が通りにくいようなときは、喉を力で押すしかなく、そのようなときはザラザラと雑音の混ざる蛮声になってしまいます。
声量は喉に与える力で決まるものではなく、喉を通過する息の量とスピードで決まるものです。
口の開け方にも声量が出る開け方もありますが、こちらもお腹の支えが大いに必要です。