FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

ボイストレーニングを受け、ある程度鍛えられた声はボワーッとした音ではなく、声に芯のあり、クリアーで豊かな声です。
また、長い間習っているにもかかわらず、そのような声が出ていなかったら、原因がどこにあるかよく考えてみましょう。
喉を力で押すような発声をしている場合などは、クリアーで豊かな声は出ません。
喉を力で押して声量を出そうとすると、どうしても喉を狭くして使うことになるので、声質はザラザラした感じになりますし、共鳴腔としての機能も落ちます。
中でも一番困ることは、喉を力で押して発声していると、息の出し入れが難しくなるということです。
息がキチンと吐けないと、息の入りが悪くなってきます。
ほとんどの場合胸式呼吸の浅い息になってしまいます。
そうなると呼吸は悪い循環に入ってしまい、芯のある声どころではなくなってしまいます。
お腹と直接つながっているようなしっかりした声を出したかったら、まず喉を力で押すような発声をやめなければなりません。
喉を力で押すのでは、息で押すのです。
そうすると、息が多すぎる息漏れ声になってしまうのではないかと思うかもしれませんが、声帯がしっかり閉じていれば、その心配は要りません。
それどころか、声帯が閉じていなければしっかりした声は出ないのです。