FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

 一般的に『声の支え』というと、お腹の支えのある声というようにお腹周辺の筋肉の支えばかりが注目されてしまいますが、声帯による支えというものも働かなければ、芯のある豊かな声は出るようになりません。
いくつかの声帯内筋や喉頭周辺の筋肉が喉頭を正しい位置にキープし、声帯の筋肉が健全な状態に保たれていなければなりません。
例えばよく喉がしまっているというような言い方をしますが、喉をつめて声をだしているような場合は、いくらお腹と声帯をつなげて声量のある声を出そうとしてもうまくいきません。
あらゆる音域を出すための訓練をして声帯の筋肉を万遍なく使い、ときには力のない裏声を出す訓練をして声帯の筋肉を健全にするような訓練をすることが必要です。
腹部や腰回りの筋肉を適切に使って声帯とお腹をつなげることも、訓練が要ることですが、そればかりやっても響きのよい豊かな声が出るようになるわけではありません。
声帯の筋肉の使い方を知ること、お腹まわりの筋肉の使い方を知ること、その二つの訓練ができるようになって初めて声量のある豊かないい声がでるようになるのです。

福和