FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

「ミックスボイスってなんですか?」という質問が多いので、それについて説明しましょう。一言では説明しきれない内容なのでどこまで伝わるかはという懸念はありますが・・・。
ミックスボイスというのは音域によって分類された声区のひとつです。低い方から順に並べますと
胸声区→ 中声区→ 頭声区のみっつにわかれます。
もっと細かい分け方をしたものもあります。 
極低音区 → 胸声区(チェストボイス) 地声 → 中声区(ミックスボイス) → 頭声(ヘッドボイス)またはハイトーン と分類されたものです。
ヘッドボイスとハイトーンは高音域の分類ですが、出し方に違いがあります。ヘッドボイスはクラッシック系の響きのよい柔らかな音色です。
ハイトーンはロック系のタイトな声の出し方です。
では、その声をどのように作っていくかということですが、まず、裏声の出せるようにしましょう。発声練習の初期段階ではいい声を出そうと思ってはいけません。
ひたすら力のない息漏れ状態の裏声を出してください。顏や喉のすべての力をとるようにしてください。喉仏がせり上がらないように注意してください。
できるならここでボーカル・フライやエッジボイスと呼ばれている声出しの仕方ができるといいのですが、特殊な訓練がいりますので、とりあえず、裏声により力を取り除きましょう。
次に必要なのは喉をあけた発声です。口の中をなるべく大きく喉の前に大きな飴玉が入るような空間を作ってあげましょう。
舌はできるだけ奥にひっこまないようにしましょう。
喉をあけた発声ができるようになるには少しばかり日数を要します。
喉をあけようという段階から少しずつ、力が必要になってきます。
今度は声帯を開けたり、閉じたりが自由にできるように閉鎖筋を自由に使えるよなければなりません。
軟口蓋を上につりあげようとする力、喉頭を下に押し下げようとする力、この上下のつり合いがバランスよくできるようにならなければなりません。
この上下の吊り合いが上手になれば大抵のことがうまくいくようになります。
閉鎖筋だけを単独で自由に使えるようにすることは不可能です。
喉頭を取り巻くあらゆる筋肉が総合的に働くようにならなくては声帯の閉鎖は望めません。
声帯を上下に吊り合う力のバランスがよく保たれるようになれば、喉頭の周りの筋肉群は総合的に協力し始めるので、閉鎖筋もうまく働くようになります。
声帯がこのような状態になると、地声と裏声の境目のない声が自然と出るようになってきます。

閉鎖筋による声帯の閉鎖が強い高音域の出し方をハイトーンといいます。それに対し閉鎖筋をそれほど強く閉じないのがヘッドボイスです。
ミックスボイスは喉をあけて閉鎖筋を閉じ、地声と裏声の間を行き来する練習をしながら、その二つの融合をさせる声づくりす。。