FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

「息が吐けなければ声は出ない」 これがソニア式ボイストレーニングの基本的な考え方です。

実際、声量がない、高い声が出ない等の声だしに関する悩みの多くは、息がキチンと吐けるようにすれば解決します。
高い音がでないということは、高い音域になると息が吐けないということです。
声量が出ないということは、お腹から声帯に送り込まれる息の量が少ないということです。
では、なぜ息が吐けないかというと、舌根が気道に落ち込み気道を塞いでいるからです。。
舌根を落ち込ませないようにするには、まず、舌の先端部分は下の歯の付け根辺りに固定しておくです。
さらに、気道を横に開くようにすると舌根は落ちにくくなります。

舌根が落ち込むと喉の辺りに何か詰まったような感じで声がかすれたり、声に透明感がなくなり、ビリビリガラガラいう音色になったりシャーシャーというような雑音が入ったりキンキンとしたキツイ音になったりして、透明感のないすっきりしない音色になります。
舌根が落ち込んでいる状態で喉があいているということはあり得ません。
当然、息も吐きにくいので声量も出ません。

舌根を落ちにくくし、息の流れをスムーズにして、楽にのどをあけた発生にする、これが優秀なボイストレーナーの仕事のひとつです。