FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

声量豊かに声を出そうと思えば基本通りの正しい出し方をいていても、やはり声帯の筋肉はある程度緊張し、疲労します。
声帯の疲労を避け弾力性を失わないようにするために、メンテナンスをするつもりで声帯の力をとる発声をしてみましょう。
限りなく音を下げてみましょう。
自分の出る範囲ギリギリまで音を下げてみると力のないカスカスの声になります。
その声こそが声帯の力をとってしまった原音です。
その声を一定の量の息で長く伸ばしてみましょう。
声帯の力を除いたロングトーンです。
声を出そうという意識を捨て息を出すようなつもりで発声してみて下さい。
慣れてきたら少し高い任意の音を同じような発声で出し、同じ息の量で他の音も出してみましょう。
声帯に力の入らない自分の声帯本来の柔らかい自然な音が出せるようになります。
ただし、喉がしまり易かったり舌根が落ち易いなどの問題がある場合は、そこをまず解決しないと声帯の力はとれません。