FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

 喉をあけようとしてたてに大きく口をあけることを意識し過ぎるためあごや舌の根元に力が入り過ぎることがあります。
そうすると声は妙に力んでこもった音色になることがあります。
高声を出したいと思い、それにはのどを開けなければと軟口蓋を上にあげようとするのですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、あごに力が入り過ぎて高い声はかえって出しにくくなります。
舌根も落ち込みやすく硬く緊張してしまいます。
舌根が落ち込んでしまえば、気道も緊張し息が思うようにでません。
その結果音が高くなるに連れて喉の辺りがつまったような感じになり声が出にくくなります。
脱力はどのような場合、どのような部分であっても必要です。
のどと口を力から開放しましょう。
ついでに上半身の無駄な力もとりましょう。
そしてのどから声を出すという意識、顔の力で歌うという無意識の習慣をなくしましょう。
口をたてよこ柔らかくのびのびとあけ、どこにも力が入っていない状態を意識しましょう。
それができるようになれば、腹式呼吸で身体の筋肉の動きを利用して声を出す下地ができたとということななります。