FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

 横隔膜、腹筋、腰の周りの筋肉が上手につかえるようになると、かなり声量が出てくるようになります。
声量が出てくるようになると、知らず知らずのうちに口の周辺の筋肉にも力が入ってしまいます。
そうすると口の周りで声を作ることが多くなりがちで、喉もしまりやすくなってきてピッチも危うくなりがちです。
せっかく喉声が治りお腹から声がしっかり出るようになってきたのに、逆戻りということがよくあります。
かと言って顔の力を完全にとってしまうと声量が落ちてしまいます。

声量と口の周辺の力の問題は、自分で試行錯誤しながら適量を探っていくしかないと思います。
しっかりお腹から声が出ているのに、顔に力がそれほど入っていない、そういう状態が望ましいのですが・・・。

そんな難しいことを考えていると、声が前に出なくなってしまいがちです。
何も考えなくても、ひとりでにお腹の筋肉が動いてくるようになると、声量が出ても顔の筋肉に力が入りすぎるということがなくなってきます。