FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

前回、うたうと喉がいたくなるというテーマでお話しましたが、声量がでない、高い声がでない、喉がいたくなるという現象は、いずれも喉だけでうたおうとしているときに陥りやすい現象です。
では、どうしたらいいかというと、お腹周りの筋肉を意識して発声できるようにすればいいのです。
ただし、いきなり筋肉発声と言われても、すぐには対応できる方ばかりでではありません。
極端に喉声の方は、喉をあけ、裏声の筋肉が使えるようにしましょう。
裏声をだす筋肉は大切な筋肉です。
裏声が出せるようになったということは、首の支えができるようになったということです。
裏声発声がある程度できるようにならないと、高い声は出るようになりません。
やがてその裏声を地声に変えていくようなレッスンを受ければ、どんな声も出せるようになります。

福和
思い切り気持ちよく熱唱したあと、喉が痛くなったという経験をお持ちの方も多いかと思います。
バンドでうたっていて、バンドの音量に負けじと声を張り上げているような方に多いかと思います。
バンドでうたっていなくても、熱唱するのが好きな方が陥りやすいようです。
やっかいなことには熱唱しているご本人は、自分の声を声量のあるいい声だと思っているのです。
そのような方は決まって高い声が出にくく、音程をはずしやすいのです。
困ったことにそのような歌い方を続けていると、喉がどんどん詰まってきて相当喉に力を入れなければならなくなってきます。
その頃には、声も悪声になってきます。
音程も悪くなってきます。

それをどう治していくかというと
力を入れるべきは喉ではなくお腹まわりの筋肉だという訓練をすることです。
だんだんと喉も開き透明感のあるいい声になり、音程も安定します。

福和
少し歌を習ったことのある方だったら、「支え」という言葉をきいたことがあるかもしれません。
うたっているとき、その声を身体のどこかの筋肉で支えているというようなことなのでしょうか。
しかし、この支えという言葉は実に奥が深くて、支えを理解できるようになったら、歌唱力はぐんと上がっていることでしょう。
支えをもっとわかりやすく言えば、身体のどこかの筋肉を使って、音がゆらゆら揺れないようにしたり、無駄な息を出さないようにして息が長持ちしたりするようにしたり、コアのある豊かな声をだせるようにしたり、支えなしではうまくうたうことはできません。
お腹まわりの筋肉や腰裏の筋肉が使いやすいのですが、その方によって使いやすい筋肉は違うので、それを探すのも大変です。
はじめのうちはいろいろな筋肉を動かすこをやってみましょう。
自分で動きのわかる筋肉を見つけ、その筋肉を膨らますように力を入れてうたってみましょう。
訓練を重ねていくうちに、自在に筋肉操れるよになってきます。
そして身体を開いていけるようになったら申し分ありません。
なお、支えになるのはお腹まわりの筋肉だけではありません。
お尻の筋肉、背中の筋肉、顔の筋肉、どの筋肉も支えになるのです。

声帯はのどぼとけの中に格納されていると言ってもよいと思います。
声唇と呼ばれれうふたつの唇のような筋肉からできていて、声を出すときにはその筋肉はほぼ閉じられていて振動しています。
息がその振動している筋肉の間を通過するときに声帯が閉じられていると、声量のある豊かな声のもとができます。
声のもとといったのは、この時点ではまだ声にはなっていないからです。
声帯を通過したばかりでは、まだ、声帯原音と呼ばれるブツブツした音にしかすぎないのです。
やがて首や頭などにあるたくさんの空洞を通過しながら響きを獲得して声になっていくのです。
首や頭にある空洞が理想的な形のものであっても、声帯が開いたまま通過した音は息が多く出すぎてしまうため、息漏れとなりしっかりした声にはなりにくいのです。
息漏れのまま歌っていると、声量が出にくいばかりではなく、音程も悪くなります。
息漏れのままうたっていればすぐに息がなくなります。
息が足りなくなると喉に力が入り、音が下がりやすくなってしまいます。
息漏れを治す方法は声帯を閉じるばかりではありません。
お腹周りの筋肉を使って発声することも息漏れ防止には大切なことです。
何やら難しいはなしをしましたが、ソニアのボイトレはプロのボーカリストが受けるような程度の高いものを、わかりやすく指導していますから、ただカラオケが上手になりたいという方でも安心してお受けいただけます。、
ご自分の声をよく聴いていますか?
例えばうたっているときは、無意識のうちに伴奏をよく聴き、聴いた音に自分の声を合わせています。
伴奏の音であれ、自分の声であれ、多くの方がその程度には、よく聴いているものです。
優秀なボイストレーナーは少し声を聴いただけで、その方の声帯の状態や、体の状態、力の入り具合等の多くの情報をキャッチします。
そして、問題を解決するための方法を、すぐさま導き出します。
もちろん、誰もがそんなことできるわけではありません。
それができるようになるには長い経験が必要です。
でも、初心者の方にも、ご自分の声をよく聽くことをおすすめします。
声が硬く余裕がない感じがするときは、力の入りすぎが疑われます。
肩や首に力が入りすぎているかもしれません。
力が這入りすぎているといい歌はうたえません。
指先を鎖骨にあて、腕や肩を前後に回してみましょう。
そのようにして肩の凝りをほぐし、肩を下げて胸の方にすぼめるように発声すると脱力できます。
これがうたうときの正しい姿勢というわけではありませんが、脱力したいときには効果的です。
音がとりにくい、または音が外れると思っている方におすすめするのは、カラオケやCD音源などの伴奏
のスピードを遅くして、その音源と自分の歌っている音が合っているかを確認しながらうたってみます。
慣れないうちは、あっているかどうか判断できないかもしれませんが、何度もやっているうちにだんだんと判断できるようになります。
音がとりにくい場合は、なぜとれにくいか、その理由が必ずあります。
音痴で音がとれない人というのはめったにいません。
顎に力が入りすぎている、声帯の中の筋肉のうちのいくつかがうまく機能していないなどの理由がほとんどです。
耳で聴いた通りの正しい音を出そうとしているうちに、正しい筋肉が機能し始めます。
やがて声帯内のすべての筋肉がめざめ機能し始めることでしょう。
そうなればしめたものです。

福和
高い声がいつの間にか出なくなっていることに気づき愕然としたことがある方も多いと思います。
原因はさまざまでしょうが、長い間うたってこなかった方は年齢を重ねるにつれて背筋等の声出しに関わる筋肉が衰えててしまい、声が出にくくなってしまったことが考えられます。
また、歌が好きでいつもうたってきたものの力まかせにうたってきたために、 声帯の筋肉バランスが悪くなり喉がどんどんしまって声が出にくくなってきた方もいるでしょう。
声帯をうまく閉じることができないために息漏れ声になり、声量がない上に、高くなると喉がしまって喉に力が入り声が出しにくくなっている方もいると想います。
このように高い声が出ないといっても理由はいろいろですが、原因を特定してその対処法をしっかり身につければ高い声は出るようになります。








前回は喉詰め発声で起こりやすい音飛びについて書きましたが、今回はもっと困ってしまうこと、感覚が鈍くなるということについて書きましょう。
どのようなメカニズムで感覚が鈍くなるのかはわかりませんが、喉詰め傾向の方にはよくみられる現象です。
喉詰めの程度と喉詰め発声をしていた期間に比例するかのように現れていると思います。
感覚が鈍くなっている例として、まずイチバンに挙げられるのは音感が鈍くなることです。
自分がうたっている音が合っているのか、合っていないのかわからなくなってしまうことがよくあるようです。
もうひとつは喉に力を入れてがなるように歌っている声がいい声だと思っていることです。
ザラザラやキンキンの雑音が入る声でも自分では声量のあるいい声だと思ってしまうのです。
さらに、いつも力を入れてうたっているので、きめ細かなニュアンスのある歌などはうたえなくなってしまいます。
やがてボイストレーニングも進み、喉詰めが治ってみれば、音感も正しくなり雑音のないいい声になっていきます。
自分は音痴だと思っている方の中には喉詰め発声のため音感が鈍くなっている場合があります。
ボーカルスクールなどの指導を受けていて、「喉をあける」というトレーニングを実際に受けている方もいることでしょう。
「喉をあける」ということはボイストレーニングでは基本のキといってもいいでしょう。
生まれつき喉があいている人以外は、ほとんどの人がはじめに受けるトレーニングでしょう。
このレッスンを受けるとどの音域も声が出しやすくなり、特に高音域の開発には欠かせないものです。
ザラザラした雑音の入る声もだんだんと透明感のある声に変わっていきます。
ところが、なかなか喉があかない人、または喉があいてきたように思えても、すぐにもとの状態に戻ってしまう人がいます。
日頃の喉の使い方(喉を力で押して声を出そうとする)が一番の原因だと思いますが、それと同じぐらい多いのが「胸が開きにくい」ということです。
そもそも、なぜ喉がしまってしまったかというと、生まれつきの場合もありますが、いつも息が足りない状態でうたっているからだと私は考えています。
息が足りなくなると、喉は緊張し力が入るので、どうしても喉を力で押して声を出すようになってしまいます。
その結果、当然のことながら喉はしまってしまいます。
喉をキチンとあけるようにしたかったらまず、胸を開き、息が入りやすくするトレーニングをし、呼吸法を改善することが大切です。
歌がうまくなりたいと思ってボーカルスクールに通ってらっしゃる方、またお探しになっている方、はじめは何もわからないので、担当講師の言われるがままにしたがって発声していると思います。
どこもこのようなものなのだろうと思っていることでしょう。
しかし、実際にはボイストレーナーの技量には大きな差があります。
運良く技量のあるトレーナーにぶつかればいいのですが、残念ながらそうではないことも多いと思います。
かと言ってご自分で選べるかといいますと、当然のことながらこれから習おうとする方には、その技量を見抜く選択眼もそれほどあるわけではありません。
高い月謝も払うことですし、当たるも八卦、当たらぬも八卦と運を天に任せる気にもなれませんよね。
体験レッスンのときに、しっかり見きわめましょう。
いきなり大きな声を出させるような講師は避けたほうがいいかもしれません。
はじめから声帯を緊張させてはいい結果は出ません。
ゆったりと楽な気持ちで指導してもらうことが大切です。
なぜうまく歌えないか、どうしたらうまく歌えるようになるか、というようなことをたくさん質問してみることも大切です。
その生徒さんの現状を把握してキチンとしたアドバイスができる講師を選びましょう。
体の作りと発声の関係をキチンとよどみなくこ説明してれる講師も、やがて体を上手に使って歌えるようにしてくれる優秀なトレーナーだと思います。
高い声がもっと楽に出せたら!と思っている方は多いと思います。
高い声がうまく出せない原因はいろいろありますが、やはり喉があいてないということが原因になっていることが多いと思います。喉が開く、喉がつまる、という言葉に馴染みがない方も多いかと思います。
喉が開いているということは、声帯と喉をつなげるパイプが息を通しやすくなっている状態をいいます。
それに対し、喉が開いていない、またはつまっている状態というのは、喉や声帯に力を入れて発声することが多かったため、声帯が緊張し固くなっている状態です。
そのため息が吐きにくくなっています。
その状態で声を出そうとすると喉に力がさらに入ります。
喉に力を入れて発声する人は、力で押すときに大量の息を失ってしまいます。
歌っているときに息がすぐになくなってしまうのです。
息がなくなると声帯はまた緊張します。
この悪循環を長いあいだ繰り返してきたのが、いわゆる喉詰め声といわれる方々です。
喉詰め声の方は高い声が出ません。
高音を出すには声帯がピンと伸びていなくてはなりませんが、喉詰め声の方は声帯がいびつになっていることが多く、ピンと伸ばす訓練をしなければなりません。
それにはしばらくの間、裏声を出す訓練を続けると良いでしょう。
でも、それだけで高い声を出せるようにはなりません。
息の無駄遣いをしなくなるような呼吸法と発声法を身につけなければ、すぐにもとに戻ってしまいます。