FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

息がすぐなくなってしまう。
長く音を伸ばせない。
そんなことを悩んでいる方はたくさんいらっしゃることと思います。

いくつかの原因が考えられますが、主な原因は

・胸式呼吸で歌っているので息がすぐになくなってしまう。
・声帯が開いたままでうたっているので、無駄な息がでてしまい、息が声に利用されにくい。
・筋肉の支えがはいっていないので、息の消費がはげしい。
・体に力が入りすぎていて息のコントロールができない。
・肩や首が凝っているのだ、お腹まわりの筋肉が肩や首でブロックされてしまう。

こんなところが主な症状だと思います。

それを解決するためには、呼吸法を習うより体を上手につかうことを習う方が効果的です。
ソノアボーカル教室では、呼吸法を中心に教えるということはありません。
効率的な体の使い方をしていると、自然に呼吸法は身についてくるからです。
腹式呼吸の練習をするよりも、確実に早く息の支えができるようになります。
発声練習をしているときや歌をうたっているときに、高音域になってくると急に1オクターブ程度低い音に変化してしまう人がいます。
歌っている人がそうしようと意図しているわけではなく、自動的にといってもおかしくないほど毎回、正確に変わるような現象です。
音域が高くなるにつれて苦しくなり、もうそろそろ無理だと思うようになって自分の意思で1オクターブ下げて歌うということは誰でもよくあることだと思いますが、自分の意思とは関わり合いなく勝手に声帯が切り替わってしまうのです。
このような現象を私は音とびと呼んでいます。
長い間、喉をつめて発声してきた人によく見られる現象です。
喉づめ発声により声帯に荷重な負担をかけてきたために、声帯の中にあるさまざまな筋肉のうちの同じ筋肉のみが発達し、他の筋肉が使われにくくなってしまったからです。
そうなった原因としては、舌や首の筋肉、肺に取り込む息の量などが関係し合っています。
まず、喉に力を入れてうたうことをやめるべきです。
そして声帯の中のごく小さな筋肉の筋トレをもれなくするような発声練習をし、声帯を健全な状態に戻し、どの音域も出やすくすることが必要です。

福和

声帯はだいたい喉仏の後ろ辺りにあって、1センチから~1.5センチぐらいの小さなものです。
その真ン中に声門と呼ばれる唇のような形の息の通り道があります。
声門という言葉からイメージすると広く開放されて息がたくさん通るところと思われるでしょうが、実際に歌っているときは唇のような声門はほぼ閉ざされています。
声唇と呼ばれているほとんど閉じている唇のようなものを息を通し、振動させながら声を出しています。
そのほとんど閉じている状態の声唇が開いていると、無駄な息が出てしまうため、ほとんどの息は声に利用されることはなく、無駄な息となってしまうため声量がでにくいのです、
一方、声唇が閉じられていると息は声に無駄なく利用されしっかりとしたいい声となります。
声帯を閉じられるように訓練すると声量豊かな張りのある美声になります。
しかし、この声帯を閉じるという訓練は喉詰め声と紙一重の部分がり、声帯を傷めてしまうこともあるので十分注意しましょう。
発表会出演者の皆様、本当にお疲れ様でした。
今は、燃え尽き症候群というか、戦いすんで日は暮れて…、というような心境になっていることでしょう。
でも、現実に戻ってお仕事、学業、がんばってくださいね。

ソニアの発表会を終えると、いつも感じるのは心から楽しかったと思えることです。
そして素晴らしい人たちに囲まれていて幸せだと思います。

この日の準備のためにとても忙しい思いをします。
数ヶ月前から準備は始まり、特に一ヶ月前ぐらいからはめっちゃ忙しくなってきます。
出演者のひとりひとりをこの日ばかりはスターにして差し上げたいと、いろいろな計画を立てるのも、大きな楽しみのひとつです。
それぞれの歌を盛り上げるために、バックコーラスの練習をしたり、趣向を凝らしたりするのはとても貴重な時間でもあります。
普段のレッスンでは、前後の時間に予約を入れている人としか話すチャンスもないのですが、この時ばかりは、お互いに都合をつけ合って合同で練習したりするので、人が知り合う上でもよいキッカケになるようです。
そういうことも奏功しているのか、ソニアの生徒さんたちは、みな仲がよくプライベートでも、親好を深めている人達がたくさんいます。
発表会のときにたとえ思ったほど上手に歌えなかったと思う人も、次の発表会には必ずと言っていいほど参加しています。
発表会の楽しさ、ソニアのみんなとの繋がりが大切に思えるからだと思います。
この日には何かの理由で辞めなけれならなかったOG,OBも観に来て、再会を喜び合ったり、生まれたベビーを伴って来てくれるひともいたりします。
それもソニアならではの光景でしょう。

今回の発表会後に頂いた、OGからの言葉に「ソニア愛に乾杯」という言葉が使われていました。
これからも「ソニア愛」を裏切らないように、講師一同頑張ります。
前回は肺にたくさんの息を取り込めるようにして、肺そのもののキャパシティーを増やし、身体の内部から胸を開いていくことを書きました、今回は骨や筋肉を使って、比較的外の方から胸を開くことを書いてみたいと思います。

歌う前にストレッチとともに胸を開く運動をするといいと思います。
歌っているときに、各フレーズの最後になると、声がユラユラしてしまうことがあると思います。
また、息が足りなくなって力が入り過ぎてしまうこともあると思います。
このような現象はは胸が開いてない人によくみられます。
肋骨や肩甲骨、胸郭筋、背筋などを動かしやすくしておきましょう。
骨は伸び縮みしませんが、それをつないでいる軟骨が動かしやすくしてくれます。

左右の腕の手首や肘をぴったりとくっつけてから、その姿勢のまま両腕を左右に開く練習をします。
そのときは左右の肩甲骨をくっつけるようにします。
胸の筋肉が硬い人などは開きにくいと思います。
いつもそのような練習をしていると、胸が開きやすくなりますから、息入れが楽になります。
そうすれば、フレーズの最後までしっかりと歌いやすくなります。
各フレーズのさいごになると、決まって音がズレてしまう人なども、胸を開く練習とお腹で支える練習をすると、大抵きれいに終われるようになると思います。

この辺のところはもっと詳しくいろいろ書きたいところですが、難しくなってしまうので、この辺で終わりにしておきます。

福和
前回に引き続きからだや顏に入る力について書いてみましょう。
ヴォーカルレッスンを受けて、誰もが感じることは、やはりむだな力を取り去りたいということでしょう。
まじめに取り組み努力すればするほど緊張し、からだのいたるところに力が入り、気持ちよくうたえなくなるからです。
むしろ何も習わないときの方が自己流ながらものびのびと解放されてうたっていると思うことがあるのではないでしょうか。
けれど、喉づめ声のままで声帯に力を入れてうたっていたりすれば、やがて声帯は疲れ果て、ポリープや結節ができたりして、機能不全に陥るかもしれません。
そのようなことにならないためにも、正しいヴォイストレーニングをおすすめするのですが、その過程では言われたことを真面目にやろうとすればするほど、力が入り息吐きが難しくなるという局面にぶつかります。
そのようなことを避けるには、自分のからだのつくりをよく知ることが大切です。
からだの筋肉や骨のつくりを知ることです。
首のうしろには神経の束があります。
ここを緊張させると、からだ全体がこわばってきます。
まず、首のうしろと肩を緊張をさせないように、グニャグニャと柔らかい動きでときほぐしましょう。
ただし、首をグルグル回転させる動きはからだによくないのでやめましょう。
首・肩をグニャグニャと軟体動物にでもなったようにほぐしましょう。
脊椎と呼ばれている背骨も大切です。
脊椎は前後左右に自由に動くようにつくられています。
肺は脊椎に寄り添うように存在していますから、脊椎を自由にしてあげると肺も自由になり、より多くの息を蓄えられるようになります。
声量ゆたかな大きい歌をうたいたかったら脊椎を解放することです。

福和
年末年始の営業についてご案内させていただきます。

12月28日から1月4日までをお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

なお、体験レッスンのお申込みについてはご相談に応じたいと思いますので、ご希望のっ方はご連絡ください。
骨盤が正しい位置にないと
   ・骨盤が内臓を支えられない
   ・内臓を支えられないから横隔膜がうまく下がらない
   ・横隔膜が下がらないから肺に息をたくさん取り込めない
という悪循環になってしまいがちです。
骨盤の歪みが軽度のものならストレッチや筋トレを続けていけば治ります。

骨盤周辺の筋肉の鍛え方

骨盤周辺の筋肉を鍛えて骨盤をしっかり支えられるようにする筋トレを紹介します。

・骨盤の左→おへそ→骨盤の右→背骨→骨盤の左、というふうにお腹の筋肉を移動させていきます。骨盤を回転するのではなくて、お腹の筋肉を回転させるようにしてください。
                   
骨盤内の筋肉を時計回りに回転させます。フラフープを回す要領にも似ています。ワンセット40回、グルグル回してみましょう。慣れないうちは骨盤そのものを回転しがちですが、お腹の筋肉を回すようにしてください。
この筋トレは骨盤周辺の筋肉と太ももの筋肉を鍛えますから、骨盤をしっかり支えてくれるようになります。

便秘解消にも大いに役立ちます。
フラダンスやタヒチアンダンスによく登場する腰の高速回転にも同じ効果があります。
ただし、骨盤の歪みが重度の場合は専門家に任せた方がいいでしょう。

もうひとつ紹介します。
「お尻上げ」という筋トレです。

ベッドの上に膝を立ててあおむけに寝ます。
腰から背中を持ち上げるようにします。慣れないうちはワンセット20回程度から始めましょう。
だんだんと回数を増やすようにして、30回程度は軽くできるようになったら、片脚ずつやっていくようにします。
右脚の上に左脚を組むように乗せます。右脚だけで支えながら「お尻上げ」です。組んだ右脚と左脚の間にまくらなどをはさんで、そのまくらがずり落ちないようにしっかり挟むようにすると、さらに効果的です。
次には、右脚と左脚を組みかえて同じように「お尻上げ」をします。
スピードを落としてゆっくりやると、もっと効果が出てきます。

産後骨盤がズレてしまった人にも効果があります。
ぜひ試してみてください。
脱力は本当に難しい、課題です。
やっても、やっても、難しいです。
長い間、脱力を教えてきたつおりでも、そう簡単にはいきません。
腹式呼吸を練習してきても、顔の脱力ができないために、いつまでもしっかり声が出ない場合があります。
まず、顔の力を抜く方法です。
その人によって顔の力の入る場所が違います。
頬の下にちからが入る、耳たぶの後ろ辺りに力が入る人、顎を後ろに引くだけで力がとれてしまうしまう人。

この力をとることによって、急に息吐きができるようになって、きゅうに歌いやすくなる人もたくさんいます。
もちろん舌を前にだして気道を塞がないようにすることです。

今、ソニアで圧倒的に歌われる回数の多い曲はTOKIOの「宙船」です。
私、福和のレッスンでは課題曲になることが多いからです。
「宙船」がなぜ課題曲に選ばれるかというと
1 腹式呼吸でうたうときのお腹の動きがわかりやすい。
2 速い滑舌が要求されるので表情筋を鍛えやすい
3 口の開け方による声量の違いを体感できる。
4 息の消費の少ない低音部で喉を開けて腹式呼吸でうたうことができれば、音域がどんなに高くなってもファルセットに変わることなく発声できることを実感しやすい。
5 歌ったあとスカッとする。

このような理由でこの「宇船」が選ばれていますが、生徒サイドからも大好評で、ハイトーンであるのにもかかわらず地声で無理なく発声できるようになり、声量も出るようになった自分に気づき達成感があると、自ら進んで「宙船」をうたおうとする人が多くなっています。