FC2ブログ

ソニアボーカル教室Blog

ソニアボーカル教室のおしらせやスタッフの声をお届けします。

発声練習をしているときや歌をうたっているときに、高音域になってくると急に1オクターブ程度低い音に変化してしまう人がいます。
歌っている人がそうしようと意図しているわけではなく、自動的にといってもおかしくないほど毎回、正確に変わるような現象です。
音域が高くなるにつれて苦しくなり、もうそろそろ無理だと思うようになって自分の意思で1オクターブ下げて歌うということは誰でもよくあることだと思いますが、自分の意思とは関わり合いなく勝手に声帯が切り替わってしまうのです。
このような現象を私は音とびと呼んでいます。
長い間、喉をつめて発生してきた人によく見られる現象です。
喉づめ発声により声帯に荷重な負担をかけてきたために、声帯の中にあるさまざまな筋肉のうちの同じ筋肉のみが発達し、他の筋肉が使われにくくなってしまったからです。
そうなった原因としては、舌や首の筋肉、肺に取り込む息の量などが関係し合っています。
まず、喉に力を入れてうたうことをやめるべきです。
そして声帯の中のごく小さな筋肉の筋トレをもれなくするような発声練習をし、声帯を健全な状態に戻し、どの音域も出やすくすることが必要です。

福和
ボーカルスクールなどの指導を受けていて、「喉をあける」というトレーニングを実際に受けている方もいることでしょう。
「喉をあける」ということはボイストレーニングでは基本のキといってもいいでしょう。
生まれつき喉があいている人以外は、ほとんどの人がはじめに受けるトレーニングでしょう。
このレッスンを受けるとどの音域も声が出しやすくなり、特に高音域の開発には欠かせないものです。
ザラザラした雑音の入る声もだんだんと透明感のある声に変わっていきます。
ところが、なかなか喉があかない人、または喉があいてきたように思えても、すぐにもとの状態に戻ってしまう人がいます。
日頃の喉の使い方(喉を力で押して声を出そうとする)が一番の原因だと思いますが、それと同じぐらい多いのが「胸が開きにくい」ということです。
そもそも、なぜ喉がしまってしまったかというと、生まれつきの場合もありますが、いつも息が足りない状態でうたっているからだと私は考えています。
息が足りなくなると、喉は緊張し力が入るので、どうしても喉を力で押して声を出すようになってしまいます。
その結果、当然のことながら喉はしまってしまいます。
喉をキチンとあけるようにしたかったらまず、胸を開き、息が入りやすくするトレーニングをし、呼吸法を改善することが大切です。
歌がうまくなりたいと思ってボーカルスクールに通ってらっしゃる方、またお探しになっている方、はじめは何もわからないので、担当講師の言われるがままにしたがって発声していると思います。
どこもこのようなものなのだろうと思っていることでしょう。
しかし、実際にはボイストレーナーの技量には大きな差があります。
運良く技量のあるトレーナーにぶつかればいいのですが、残念ながらそうではないことも多いと思います。
かと言ってご自分で選べるかといいますと、当然のことながらこれから習おうとする方には、その技量を見抜く選択眼もそれほどあるわけではありません。
高い月謝も払うことですし、当たるも八卦、当たらぬも八卦と運を天に任せる気にもなれませんよね。
体験レッスンのときに、しっかり見きわめましょう。
いきなり大きな声を出させるような講師は避けたほうがいいかもしれません。
はじめから声帯を緊張させてはいい結果は出ません。
ゆったりと楽な気持ちで指導してもらうことが大切です。
なぜうまく歌えないか、どうしたらうまく歌えるようになるか、というようなことをたくさん質問してみることも大切です。
その生徒さんの現状を把握してキチンとしたアドバイスができる講師を選びましょう。
体の作りと発声の関係をキチンとよどみなくこ説明してれる講師も、やがて体を上手に使って歌えるようにしてくれる優秀なトレーナーだと思います。
高い声がもっと楽に出せたら!と思っている方は多いと思います。
高い声がうまく出せない原因はいろいろありますが、やはり喉があいてないということが原因になっていることが多いと思います。喉が開く、喉がつまる、という言葉に馴染みがない方も多いかと思います。
喉が開いているということは、声帯と喉をつなげるパイプが息を通しやすくなっている状態をいいます。
それに対し、喉が開いていない、またはつまっている状態というのは、喉や声帯に力を入れて発声することが多かったため、声帯が緊張し固くなっている状態です。
そのため息が吐きにくくなっています。
その状態で声を出そうとすると喉に力がさらに入ります。
喉に力を入れて発声する人は、力で押すときに大量の息を失ってしまいます。
歌っているときに息がすぐになくなってしまうのです。
息がなくなると声帯はまた緊張します。
この悪循環を長いあいだ繰り返してきたのが、いわゆる喉詰め声といわれる方々です。
喉詰め声の方は高い声が出ません。
高音を出すには声帯がピンと伸びていなくてはなりませんが、喉詰め声の方は声帯がいびつになっていることが多く、ピンと伸ばす訓練をしなければなりません。
それにはしばらくの間、裏声を出す訓練を続けると良いでしょう。
でも、それだけで高い声を出せるようにはなりません。
息の無駄遣いをしなくなるような呼吸法と発声法を身につけなければ、すぐにもとに戻ってしまいます。
昨日、発表会が終わりました。
いつも、ソニアの発表会は楽しくて、終わったあとほんわり温かい気持ちになります。
出演している人のひたむきさはもちろんですが、それをとりまく人たちの応援がとても心地よいからです。
アットホームな雰囲気の中で繰り広げられる、多彩で多才な出演者たちの競演に飽きることなく、感動し笑い、あっという間に時間が経ってしまいます。
二次会ではコーラスグループを作ろうというような話も出たり、お互いの親好を深めている姿が見られました。
次の発表会にはもっと歌唱力をあげていようと、もうすでに明日に向かっての計画も出ていました。

声帯はだいたい喉仏の後ろ辺りにあって、1センチから~1.5センチぐらいの小さなものです。
その真ン中に声門と呼ばれる唇のような形の息の通り道があります。
声門という言葉からイメージすると広く開放されて息がたくさん通るところと思われるでしょうが、実際に歌っているときは唇のような声門はほぼ閉ざされています。
声唇と呼ばれているほとんど閉じている唇のようなものを息を通し、振動させながら声を出しています。
そのほとんど閉じている状態の声唇が開いていると、無駄な息が出てしまうため、ほとんどの息は声に利用されることはなく、無駄な息となってしまうため声量がでにくいのです、
一方、声唇が閉じられていると息は声に無駄なく利用されしっかりとしたいい声となります。
声帯を閉じられるように訓練すると声量豊かな張りのある美声になります。
しかし、この声帯を閉じるという訓練は喉詰め声と紙一重の部分がり、声帯を傷めてしまうこともあるので十分注意しましょう。
ゴールデンウィークの期間中の休日は書の通りです。

             記

       4/29(日)~5/3(木)
                       以上


勝手ながら従業員慰安のための休日とさせていただきます。
体験レッスンのお申込みは受け付けています。
呼吸法には腹式呼吸と胸式呼吸がありますが、呼吸法というからには、腹筋のような筋肉を利用して横隔膜を上がらないに支え、肺に息をたくさん入れることや筋肉の支えのあるしっかりした声をだすことを目的としています。
一般的には胸式呼吸より腹式呼吸の方が肺にたくさん入れることができると言われています。
胸式呼吸では肺の浅い部分にしか息を入れることができないのに対し、腹式呼吸ではより多くの息を肺に取り入れることができます。
胸式呼吸では胸の当たりに力が入りすぎて歌っていて苦しくなってしまい、苦労の多い歌い方になってしまうということがよくあります。
また、筋肉の支えが入ると声量も出てきますし、喉がしまりにくくなり、柔らかいけれど芯のある豊かな声が出るようになります。
喉がしまると、息が吐きにくくなり、特に高音がでにくくなりますし、音をはずし易くなってきます。
腹式呼吸でうたえば、喉にも力が入りにくくなり、楽にうたっているのに声量が出ているという理想的な歌い方になってきます。
しかし、腹式呼吸が万能でるとも言い切れません。
その人の体つきや、歌の中でのさまざまなシーンの中では腹式呼吸以外の呼吸法でうたうこともあります。
上手に使い分けられるといいですね。
大きい書店に行くと、ボイトレ関係の本がたくさん並んでいます。
1週間で歌がうまくなるとか、すぐにもプロ歌手になれそうな書き方をしている本はいつになってもなくならないようです。
その種の本はさておき、いくつになっても勉強!と思い、私は主だった本には一応目を通しています。
まれに豊かな経験と研究に基づいた内容のあるもに出会うこともあります。
そのような本に出会うと単に自分自身のスキルアップと思って喜ぶ以前に、その熱意と深い洞察力に感心し、大いに啓発されます。
多くのボイトレ本は、そのように読み手に良い効果を与えるために出版されていると思います。
読者の方もそれを期待して読むのですが、全くの素人である読者の方は、その指導法を自分なりに真面目に一生懸命やっていくうちに、どんどん違った方向へ行ってしまうことが、あるようです。
間違ったことをやっていても、そばで注意してくれる人がいないので、軌道修正できません。
まず、多くの人が陥りやすいのがどんどん力が入ってしまうことです。
身体に力が入ってしまうと、呼吸法がむずかしくなり、喉にも力がは入り、喉詰め声になりやすいのです。
呼吸法をマスターしないまま、声量を出そうとするので、余計に喉に負担をかけてしまいます。
声が出にくくなってから、どうにかしてください、と訪れる人は少なくありません。
本ばかりでなく、youtubeなどにアップしているボイトレなども、一方的に情報ややり方を送っているだけで、個人一人ひとりの反応を確認しているわけではありません。
良い耳と目を持った指導者が最心の注意を払って指導しても、なかなか力がとれなくて苦労する人は多いものです。

だからといって、スクールに行けばよいかというと、スクール選びも大事です。
しっかりした技術を持った指導者を選んでください。
年末から年始にかけてのお休みについてお知らせします。

年末は12月27日(水)まで

年始は1月5日(金)から始まります。

今年も楽しいレッスンで1年を終えようとしています。

来年も『歌う門には福来る』・・・ですよ!
楽しい音楽ライフを送れますように!